京成 マイクロエース 雑記

【Nゲージ】車両前面への着雪を再現してみる

投稿日:

スポンサーリンク

 

早速ですが、今回は車両前面への着雪を再現してみました。

 

加減が難しい

今回犠牲となる車両ですが、「芝山鉄道3600形」です。

この列車を選んだ理由ですが、そもそも今回の企画が3600形の前面帯を不手際で汚してしまったために行ったタッチアップを誤魔化すのが目的だからです。

つまりリカバリーの為に行う作業です。

 

さて、ここで重要なのはどれだけ雪を付着させるかです。

あまり大袈裟にならない程度、かつタッチアップが隠せる程度に調整する必要がありました。

そこで登場するアイテムがこちら。

タミヤ ウェザリングマスター(Bセット)です。


タミヤ メイクアップ材シリーズ No.80 ウェザリングマスター B (スノー) 87080

↑amazonで\435也。

これは、一言で説明するならファンデーションです。

模型にパウダーを載せた後にクリアーを吹く事で、パウダーを模型に留める事ができます。

 

実践してみた

という訳で、出来たのがこちらです。

今回汚したのは3611の緑帯です。

ですので快速 佐倉行きに設定し先頭の3611は雪を強めに、最後尾の3618は控えめに表現しました。

ここまで積もるのは数年~数十年に一度の大雪レベルですかね……

なお、屋根上は敢えて殆ど素のままです。向かい風が強いイメージで。

 

点灯するとこんな感じ。

(明かりが強すぎて飛んでますが)3611は肉眼でも種別が見えないレベルまで種別表示器を曇らせています。

3618は肉眼で種別が見える程度に抑えています。

また、3611の窓はワイパーが作動しているイメージで表現しています。

実際はヒーターがあるのでもっと溶けますが、まあそこはイメージ()という事で。

 

「それっぽく」が非常に難しい

今回試して分かったのは、やはり雪の表現は非常に難しいという事です。

自己評価は6割くらいの出来といった所でしょうか。

とりあえずタッチアップ跡を隠すという目的は達成しましたのでまあ良いか……といった次第。

今後は気が向いたら、ジャンクの先頭車にでも色々と試してみるかもしれない。

 

 

スポンサーリンク

-京成, マイクロエース, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

マイクロエース 05系タイプのスカートを交換しよう!

スポンサーリンク あまりにも顔が似ていないマイクロエースの05系タイプですが、GMの05系用スカートを取り付けるとだいぶマシになることが判明しました。 さらっとですが紹介しておきます。   …

no image

旧DAOコン基板をPHOENIXWAN + 基板に交換する方法を解説!

スポンサーリンク このブログ自体は完全にジャンル違いですが、気にしないで。   本ページの内容について 2022/7現在、↓よりPHOENIXWAN用基板だけを調達することができます。\13 …

Master Controller(TSマスコン)パワーパックの製作

スポンサーリンク Master Controller(TSマスコン)をコントローラにできるパワーパックをつくりました。   こんな感じで動きます。   中身はArduinoです。 …

【Nゲージ】車両の保護にダイソーの「EVAスポンジシート」が使える

スポンサーリンク ケースに入れた車両の表面保護にバッチリです。   ダイソーは万能 早速ですがこちらです。 EVAスポンジシート。A4サイズで、5枚で100円です。全5色。 厚さ1mmなので …

【Nゲージ】209系・E231系のホーム検知装置を3Dプリンタで再現する

スポンサーリンク   ついに、初めて、工作に3Dプリンタを活用してみる事にしました。以前からの疑問であった、 3Dプリンタで極小パーツを表現できるのか? という事について、自分の目で確認して …